となりのトト□2

そして今に至ります。
運転席からは相変わらずイタイ音楽が流れています。途中郵便屋さんがイタイ人を見る目で私達のトラックをみていました。
自分の思っていることを素直に言わないことを、大人は人付き合いといいますが、結局は厄介ごとから逃げようとしているにすぎないのです。私はつくづくそう思います。
腕は相変わらずツルペタな腕に拘束されています。メイは一向に離す気配を見せません。
机とトラックの兵の間にわずかに切り抜かれた一部分からは田んぼが見えます。田植え前の泥水だまりです。
それでも風は心地よく、この閉塞的な空間に涼やかな瞬間を感じさせてくれます。
突然車が止まりました。私はあえなく机もろとも泥水の中に放り出されるのではないかと思いました。
「日下部です。引っ越してきました。よろしくお願いします。」
 父が田んぼに向かって叫んでいます。大声なのになんの感情もこめられていない形式的な挨拶です。
ご近所の方に挨拶するなら素麺でも持って後日、家の片づけが済んでから行くべきだと思います。田んぼに向かって叫ぶだけとは、倹約もいいところです。
でもこれで確信が持てました。私が荷台とメイから開放されるのはもう間もなくだということが。
車が再び発進するとものの5分もかからずに私たちの家の前につきました。
家の前には小川が流れていました。私はメイの腕を振りほどき荷台を飛び出しました。鳥になったような気分とはまさにこの事を言うのでしょう。全身をさわやかな風が吹きぬけ、思い切り息を吸い込めば木の、川の、森の、自然の香りが全身に広がっていくようです。
メイも父の助けを借りて荷台から降り私の元へ走ってきました。
「家まで競争。」
 自然の力は素晴らしいです。こんな一瞬にして私の小さかった頃の事を思い出させてくれます。
 まだ私がメイ位のとき。
この世界の醜さと、人間の愚かさを、身をもって体験する前のこと。
私にも純粋な子供時代があったのです。
でも大きくなるにつれ、私は家の家事を任されるようになりました。元々父に家事など出来る筈もなかったのです。
毎日シリアルか、スクランブルエッグだけの朝食。母と結婚した当時は炊飯器すらまともに使えなかったそうです。それが、私が6歳になるまで母の留守を守っていたかというとそうではありません。その間は毎日母方の祖母が家事の手伝いに来てくれていたのです。
私は父以上に母が好きで、それ以上に祖母が好きでした。でもその祖母はもういません。祖父と一緒にカナダへ移住してしまったのです。
しかし、6歳になるまで私は家事についてあらゆることを教え込まれた私は、お手伝いさんができる程とは言いませんが、自堕落な父と幼いメイ、そして私の3人分くらいなら十分にこなすことができました。
 私は家まで走りました。あの頃を思い出すように、一歩一歩地面を踏みしめて。今思うと、土を踏みしめるのもどれくらいぶりだったでしょうか。コンクリートで舗装された道を歩き、人工的に埋め立てられた校庭でっ走り回っていたのです。
 自然の土は、踏みしめるたびに石がゴツゴツとして足をとられそうになりますが、それでも私の足をそっと包み込むように優しく受け入れてくれます。
[PR]

  # by negigam | 2007-09-12 01:36 | 駄文

残念なパソコン

バカみたいに暑い夏が終わりました・・・。
その夏が終わる前にウチのパソコンが終わりました・・・・。

おそらく、暑さでドッカがぶっ飛んじゃったみたいです。

もうやだ、もうやだ~。

でも、なんとかして少しいい感じになったんで・・

いままで通りライフログの更新だけはしっかりします(マテ
[PR]

  # by negigam | 2007-09-02 15:19 | 戯言

となりのトト□

1、引越し

 田舎道を車が走っています。今では珍しい3輪トラックです。私はそれに乗っています。
 でも私が乗っているのは運転席ではありません。
 助手席ではありません。
 私は引越しの荷物と一緒に荷台に乗せられているのです。私はその机の下で新しい家に着くまでこの居心地の悪い場所にいなければならないのです。
 居心地の悪さは何も机の下だからというだけではありません。
 まず一つ目の理由。それは妹です。
 今は夏です。ここは都心からだいぶ離れた田舎なのでそこまで暑くはありません。ですが、妹がべったりくっ付いてくるのです。物理的に、です。とても暑苦しいです。
 私の腕は妹の胸の中にあります。心もなしかもないような胸の中へ収められているわけです。 これで胸に脂肪の塊でもついていたらたまりません。
 要はレズ(見習い)なわけです。このまま大きくなったらと思うと、本当に可哀想な妹です。
 二つ目の理由。それは父親です。
 都心の家を出たときから絶えることなく鳴り続けている電波系の音楽。
 でも、前の家にあった幼い女の子の人形は父の目を盗んで引越しの準備のときに私があらかた捨ててしまいました。父はまだこの事を知りません。
 新しい家まで、前のようにされては困ります。だから、私が父の人形を勝手に廃棄したのは勝手な行為ではありません。不可抗力とでもいうのでしょうか。
 要はオタクなわけです。人形のことに気づいて泣き喚く父の顔が目に浮かびます。
 本当に可哀想な親子です。
 私はそんな家族の一員なのです。
 今回の引越しは、病気がちな母のために少しでも環境がいい家を、という理由で母のかかりつけの病院にも近い今回の家を中古で買い取ったのです。
 でも本当の理由は私にあります。
 私は学校に行っていませんでした。私は、ちょっと成長が早くて、ちょっと身長が高くて、ちょっと胸が大きくて、ちょっとスタイルがよくて、ちょっと勉強ができて、ちょっとスポーツができただけなのに、周りの女子達が五月蠅いのです。
 出る杭は打たれるとでもいいましょうか。
 この高飛車な態度もクラスの女子は気に食わなかったようです。私は同学年の女子をはじめ、上の学年の女子にも不評でした。
 それで私は、居心地の悪いところへ行くくらいならと学校に行かないようになりました。
 学校なんて出席日数のためだけに行っていましたし、皆勤賞がなくなるのは残念ですが、つまらない空間に束縛されるくらいならいきません。
 登校拒否になると、先生と学校に迷惑を掛けることになりますが知りません。
私の体に罪はないのです。病気の母がお腹を痛めて生んでくれた体なのですから。
 私が学校に行かないようになって、妹も幼稚園を休むようになりました。
私はともかく妹まで、それもこんなに小さな内に幼稚園をサボるようになってはいけない、という理由で引っ越すことになったのです。
たまたま家に帰っていたお母さんの決断でした。
お母さんは私たち家族の中で一番まともな人間です。ですが、真性の女王様気質でした。
オタクの父と女王様の母どうしてこのような二人が出会ったかというと、
父「僕の好きな女の子と似ていたんだよ」
おそらく脳内彼女だった女の子でしょう。自分の妄想どおりの女性がいることなんて、私の考えでは大分低確率のはずです。その人に偶然出会えるなんて幸せ以外の何者でもありません。
母「お金はそれなりに稼いでくるし、調教のしがいがあるわ。」
父は以外に売れているフリーライターです。連載を5本持っています。だからお金も不自由なく、母が自由に使える分もあるのです。普通の浪費妻と違い入院が多いせいで金を使い込まれることがないのです。入院費のほうがブランドバッグより安いのは言うまでもありません。調教はどうかといえば私は何もいえません。
 人の転機はいつどこであるのかわかりません。一寸先は闇とでも言うのでしょうか。
 こんな親に育てられて私達姉妹はこんなに歪んで成長してしまったのです。
 現地を去るときに挨拶に行ったのは両隣の家と、町内会長さんだけでした。どちらもあまり興味は無さそうでした。母親が家にいないだけで周りの家との関係はめっきり薄くなってしまいます。
 当日、家を去るとき、見送りに来てくれる友達は誰もいませんでした。同学年と高学年の男子十数人と、後輩の女子が何人か来てこころなしかの贈り物をくれました。彼らは友達ではありませんでしたが、私のファンだったようです。後輩の女の子に聞きました。お姉さまと呼ばれましたが、そんな風に私を呼ぶのは実妹である「メイ」だけで十分です。
 メイは幼稚園でお別れ会をしてもらったそうです。
 私のお別れ会はありませんでした。先生も登校拒否の生徒のお別れ会などという無駄なことはしたくなかったのでしょう。先生の評価を落とした分これでおあいこです。
[PR]

  # by negigam | 2007-09-01 01:49 | 駄文

こんなトトロはいやだ

今日偶然にも友達とトトロの話が出てきたので、
トトロのパロディ小説書いてみました。
時間があれば続きも投稿します。。

見てる人は皆無ですが・・
[PR]

  # by negigam | 2007-09-01 01:48 | 駄文

24HTV

俗名:24時間テレビ

キンちゃんはどうでも良かったです。
昨日はコミケット行ってて見れなかったから今日宿題しながら見ていたのですが
若手さんにスゴイ人を発見ですよ


エド・はるみさん

good グー

声が綺麗で、怖くて・・・・。
俺のお笑いセンスからしては、天使クラス(シャーマンキングのランク付けに基づく
自分の好きなお笑い芸人さんベスト5にランクINしますよ
だヵらなんだって話なんですけど・・

とにかくいいですよ。
面白いですよ。

さっき動画探して見てましたけど
黒ヒゲに一礼とかwww

とにかく、ハマりましたんでこれからテレビで見つけるたびにこの話題で行くことかと思われます
[PR]

  # by negigam | 2007-08-20 23:57

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE